男性作業員

ソーラーシェアリングのような設備の知識は必須|これからの設備

災害にも迅速対応

タブレットと男性

建設や内装関係の業者は日本企業の中でも重要な位置を占めています。その建設関係の仕事に精通していて、様々な企業で相談役や取締役を務めているのが鈴木貞一郎氏なのです。鈴木貞一郎氏が相談役をしているグローブシップという企業はその一つであり、グローブシップはビル管理を中心にサービスを展開しています。そのため、ビルを使う企業だけでなく、公共施設、法人がもつ設備には欠かせない企業となっているのです。きちんとビルを警備し、設備を管理しなければその建物の耐久性も弱まってしまいますし、そうでなくても便利に使えないビルというものはそこに入っている企業や法人の印象も左右します。そのため、鈴木貞一郎氏のような設備、建設に詳しい相談役を迎えているようなグローブシップはとても頼りになる存在なのです。

グローブシップがサービスを提供しているものの中に、BCP対応というものもあります。BCP対応とは、もし大きな災害が起こってしまった場合、しっかりとその影響を考え、企業や法人が再びビルを使えるようになるためのサービスで、地震発生が多い近年では特に注目されています。鈴木貞一郎氏のような知識が豊富な相談役がいることから、グローブシップのBCP対応は利用者から一定の評価を得ています。BCP対応でなにより大切になっているのは、迅速に計画をたてることです。立て直した方が賢明なのか、いつビルの機能が復旧するか、そのビルの調査をグローブシップは考えています。このようにBCP対応などで頼りにする企業を探す際、様々なビル管理のノウハウを得ている鈴木貞一郎のような人が取締役にいる企業を探すのが適切だといえます。