男性作業員

ソーラーシェアリングのような設備の知識は必須|これからの設備

理解を深める

室内

法人や企業が経済活動を始めとする業務をする際には、必ずビルの一室を借りることになります。自社ビルを所有している企業は日本ではほとんどなく、大抵は雑居ビルを間借りして営業をしているのです。その方がビル建設の初期費用もかかりませんし、短期間の営業も視野に入れて活動することができます。このような多くのメリットをもつ雑居ビルの利用なのですが、借りたら必ず返す義務が生じます。そんな当たり前のことですが、ビルを経営している側からすると、なるべく変わりない状態で現状回復してほしいものですが、逆に借りている側からすると全てを元の状態で返すのは難しいと思ってしまいます。この双方の要望を考慮にいれ、現状回復についてのガイドラインが決められているので把握しておくべきです。

では、現状回復とは一体どういうことなのか知りましょう。法人ならば事務所を使いやすいように改装することは当然ですので、現状回復がどんなものかを知っておいた上で改装をしなければなりません。現状回復工事とは、入居時の状態に戻すことを指しています。もちろん、経年劣化の状態を元に戻すことはできませんので、これについては法律でも回復を請求できないとされています。ただ、貸主と借り主の「現状」についての認識をしっかり行なっておかなければ、意見の齟齬が生じてしまうので気をつけましょう。そのため、入居前に相談を行ない、現状回復工事の種類についても頭にいれて業者に相談しなければなりません。