男性作業員

ソーラーシェアリングのような設備の知識は必須|これからの設備

長期的な視点で修繕

作業者

何かを作り上げる際にはその場だけで対応するのではなく、長い目で見て管理が必要になってきます。とりわけ、大型マンションの設計管理は多くの人が分譲や賃貸で住んでいる場所だからこそ部分的な修復だけでは済まない問題に発展しやすいため、管理する側も常に慎重に判断を下さなければなりません。特に分譲で住んでいる人が多い場合は、長期的な問題も短期的な問題も次々に噴出する恐れがあります。その際に場当たり的な対応をしてしまうと、その対応がかえって問題を大きくしてしまう可能性もあるのです。例えば、屋根のヒビが見つかった場合、そこだけ修復してしまうと修復した部分からヒビが広がるということもあります。このように、いっときだけのことを考えていてはいけないのです。

そのため、設計管理会社に長期的に修繕の計画をたててもらうことが大事です。特に一棟マンション購入を考えている企業や投資家は注目のサービスとなっています。最近では建設会社以外でもマンションを管理するケースが増えていますが、その場合は建築に関するノウハウが無いことも多いです。長期修繕計画では建築物の知識が必要になってきますので、やはり設計管理会社のような知識が豊富な企業に設計管理を依頼した方が良いのです。ヒビ割れや外壁塗装を始めとする基本修繕から、エレベーターのワイヤー交換などの設備の更新から全て請け負ってくれます。ただ、大事なのは全て任せっぱなしにするのではなく、細かくやりとりをしてどこをどのように直すのか、そのための費用はいくらくらいなのかを把握することです。